基礎セミナー じっくり勉強すれば身につく統計入門
セミナーの回数 テーマ 演者 ダウンロード用資料
第1回 基本統計量とデータの比較 橘田 久美子(スギ生物科学研究所)
杉本 典子
こちら
第2回 回帰モデルとモデルの推定 橘田 久美子(スギ生物科学研究所) こちら
回帰直線モデル -誤差を考慮した推定- 杉本 典子
第3回 共分散分析 杉本 典子 こちら
医薬品開発における共分散分析の例 橘田 久美子(シミックバイオリサーチセンター)
第4回 多重比較の基礎 杉本 典子 こちら
多重比較法の比較 橘田 久美子(シミックバイオリサーチセンター)
第5回 2値データにおける用量反応データの解析
-ロジスティック回帰(前半)
橘田 久美子(シミックバイオリサーチセンター) こちら
2値データにおける用量反応データの解析
-ロジスティック回帰(後半)
杉本 典子
第6回 効力比の推定(前半) 橘田 久美子(シミックバイオリサーチセンター) こちら
効力比の推定(後半) 福島 慎二(アステラスリサーチテクノロジー)
第7回 回帰分析・再入門 -統計ソフトが対応していない生物統計の各種の課題をExcelでサクサク解こう 高橋 行雄(BioStat研究所) こちら
第8回 クロスオーバー法の基礎(乱塊法・ラテン方格) 本田主税(小野薬品)
福島慎二(アステラスリサーチテクノロジー)
こちら
第9回 降圧剤の比較における共分散分析の応用 福島 慎二(アステラスリサーチテクノロジー)
中西 展大(田辺三菱製薬)
こちら
第10回 「今さら聞けない統計初歩の初歩」講義で使用する「Pharmaco Basicデータ解析ソフト」の紹介 松本 一彦 こちら
第11回 誤差が複数ある場合の実験計画法による解析手順(前半) 福島 慎二(アステラスリサーチテクノロジー)
本田 主税(小野薬品工業)
こちら
誤差が複数ある場合の実験計画法による解析手順(後半) 橘田 久美子(シミックバイオリサーチセンター)
第12回 ダミー変数の基礎 伏見 啓(日本食品分析センター) こちら
非線形回帰を用いた逆推定の基礎 中西 展大(田辺三菱製薬)
第13回 Excel及びJMPによる血中薬物濃度のコンパートメントモデルあてはめ 伏見 啓(日本食品分析センター) こちら
JMPのグラフ作成機能を使いこなそう: 経時測定データのケース 福島 慎二(アステラスリサーチテクノロジー)
第14回 正規分布を仮定した打ち切りデータの回帰分析入門 高橋 行雄(BioStat研究所) こちら
第15回 平均と標準偏差を共に考慮した新たな2群間比較 福島 慎二(薬理統計グループ)
半田 淳(薬理統計グループ)
高橋 行雄(薬理統計グループ)
こちら
第16回 正規分布を仮定した打ち切りデータの回帰分析入門 福島 慎二(薬理統計グループ) こちら
AIC,AICc とは?どう利用するの? 半田 淳(薬理統計グループ)