サイエンティスト社ホームページサイエンティスト社ホームページ
トップページ商品カテゴリお支払・配送について運営者の紹介新着情報お問い合わせカートの中
商品検索
キーワード
価格範囲
円〜
商品カテゴリ
研究会
会社案内
基礎医学 > キャサレット&ドール トキシコロジー The Basic Science of Poisons

サイエンティスト社のネットショップへようこそ!

商品詳細

キャサレット&ドール トキシコロジー The Basic Science of Poisons


キャサレット&ドール トキシコロジーThe Basic Science of Poisons

商品番号 ISBN4-914903-99-7
商品名 キャサレット&ドール トキシコロジー The Basic Science of Poisons
販売価格 41,040円
税別価格 38,000円
原著編集 Curtis D. Klaassen, Ph. D (University of Kansas Medical Center)
送料区分 送料別
在庫数

数量:

総監訳者:仮家公夫(神戸学院大学)・高橋道人(病理ピアレビューセンター)・野口英世(オフィス野口)・佐藤哲男(千葉大学)
監訳者:相本太刀夫(摂南大学)・五十嵐一雄(バージニア工科大学)・榎本秋子(残留農薬研究所)・大沢基保(帝京大学)・小栗一太(九州大学)・菊池康基(国際医薬品臨床開発研究所)・北田光一(千葉大学)・田中慶一(大阪大学)・永沼章(東北大学)・野村護(イナリサーチ)・真板敬三(アグロトックス)・牧栄二(ヤンセンファーマ)・松本一彦(鳥居薬品)・山添康(東北大学)・吉田武美(昭和大学)
編集幹事:鈴木睦(キリンビール)・岡智通(京都薬品工業)
企画:安全性評価研究会
A4判1,392頁 上製箱入
2004年11月25日初版発行

医薬品、食品、農薬、化学物質から環境汚染まで、毒性学のあらゆる分野を網羅した定評ある名著、待望の邦訳完成。
1975年の第1版刊行以来、世界のトキシコロジー分野の標準的テキストとして確固たる地位を築いている原書『Casarett&Doull's Toxicology』第6版 (2001年)の全訳。
毒性研究者はもとより、医学・薬学・獣医学・看護学など、毒性物質にかかわるすべて分野の研究者、技術者、実務家、学生まで必携の1冊。

内容目次
第1部
トキシコロジー総論
第1章
トキシコロジーの歴史と展望
第2章
トキシコロジーの基本
第3章
毒性のメカニズム
第4章
リスクアセスメント
第2部
トキシカントの動態
第5章
トキシカントの吸収、分布、排泄
第6章
生体異物の生体内変換
第7章
トキシコキネティックス
第3部
非器官毒性
第8章
化学発癌
第9章
遺伝毒性
第10章
発生毒性
第4部
器官毒性
第11章
血液の毒性反応
第12章
免疫系の毒性反応
第13章
肝臓の毒性反応
第14章
腎臓の毒性反応
第15章
呼吸器系の毒性反応
第16章
神経系の毒性反応
第17章
眼・視覚系の毒性反応
第18章
心・血管系の毒性反応
第19章
皮膚の毒性反応
第20章
生殖器系の毒性反応
第21章
内分泌系の毒性反応
第5部
毒性物質
第22章
農薬の毒性
第23章
金属の毒性
第24章
溶剤と蒸気の毒性
第25章
放射線と放射性物質の毒性
第26章
陸棲動物の毒液・毒物の毒性
第27章
植物の毒性
第6部
環境トキシコロジー
第28章
大気汚染のトキシコロジー
第29章
生態環境のトキシコロジー
第7部
応用トキシコロジー
第30章
食品のトキシコロジー
第31章
毒物分析・法医のトキシコロジー
第32章
臨床のトキシコロジー
第33章
職業のトキシコロジー
第34章
規制のトキシコロジー

※vi頁の協力者の堀井郁夫氏の所属が間違っていました。 正しくはファイザー(株)です。 お詫びして訂正いたします。