サイエンティスト社ホームページサイエンティスト社ホームページ
トップページ商品カテゴリお支払・配送について運営者の紹介新着情報お問い合わせカートの中
商品検索
キーワード
価格範囲
円〜
商品カテゴリ
研究会
会社案内
絵本 > ケイティのゆかいな水あそび

サイエンティスト社のネットショップへようこそ!

商品詳細

ケイティのゆかいな水あそび



商品番号 ISBN9784860790592
商品名 ケイティのゆかいな水あそび
販売価格 1,728円
税別価格 1,600円
ジェイムズ・メイヒュー
送料区分 送料別
在庫数

数量:

ケイティのふしぎ美術館シリーズ5
215 x 250 mm 32頁
2012年8月20日初版第1刷発行
 

日本図書館協会選定図書


○子どもの頃から世界の名画に親しもう。
イギリスで人気のアート絵本、待望の翻訳!


内容紹介
元気いっぱい、しりたがりやの女の子・ケイティがまきおこす、びっくりゆかいな名画のなかの大冒険。
点描という描き方を広めたスーラやシニャック、ピサロの作品を細やかに読み解いて、親しみやすい物語をつむぎます。
アートが子どもの生き生きとしたファンタジーを大きく育てる人気シリーズ、第5作。


あらすじ
ぎらぎらとお日様が照りつける夏の日。
ケイティとおばあちゃんは涼しさを求めて美術館にやってきました。
そこには、何千もの明るい色の点々で描かれた絵が飾ってあります。
ケイティが気持ちよさそうな川辺の絵を眺めていると…


お話の中で登場する名画
ジョルジュ・スーラ
  『アニエールの水浴』『グランドジャット島の日曜日の午後』『オンフルール港の入り口』
カミーユ
・ピサロ  『洗濯物を干す女』
ポール
・シニャック  『フェリックス・フェネオンの肖像』 


ジェイムズ・メイヒュー 作

西村 秀一 訳

結城 昌子 監修

1964年イギリス生まれの絵本作家。メイドストン美術大学でイラストレーションを学ぶ。本シリーズは、1989年に第1作「ケイティのはじめての美術館」(サイエンティスト社)を出版して以来、10作を刊行し、彼のライフワークともいえる作品。世界各国で翻訳され、そのアートに対する真摯なアプローチとケイティの生き生きとした子どもらしいファンタジーが高く評価されている。絵画、オペラ、バレエなどに造詣が深く、その魅力を親しみやすく伝える絵本を数多く制作。日本ではこのシリーズの他に『ミランダの大ぼうけん』(評論社)、『エラは小さなバレリーナ』(小学館)が翻訳されている。

1984年山形大学医学部卒業後、CDC(米国疾病対策センター)インフルエンザ部門留学、国立感染症研究所主任研究官などを経て、現在は仙台医療センター臨床研究部ウイルスセンター長。研究の傍ら、『史上最悪のインフルエンザ―忘れられたパンデミック』(みすず書房)、『インフルエンザ感染爆発 見えざる敵=ウイルスに挑む』(金の星社)などの医学関係の翻訳のほか、『おねつをだしたピーパー』『かぜをひいたケイティ』『お耳がいたくなったエディ』などの「ヒッポ先生のびょうきにあわてないで」シリーズ(以上、サイエンティスト社) の絵本翻訳も手がける。

武蔵野美術大学卒業。アートディレクター、アートエッセイスト。1993年『ゴッホの絵本 うずまきぐるぐる』(小学館)を刊行して以来、子どもとアートをつなぐ様々な活動を開始。ワークショップや講演、小中学生を対象とした各種コンクールの審査などを続けている。また、国内外の美術館、アート作品を訪ね歩き、雑誌・新聞・TVなどで紹介。主な著作に「小学館あーとぶっく」シリーズ(現13巻 小学館)、『名画はあそんでくれる』(二玄社)、『原寸美術館・画家の手もとに迫る』(小学館)など。